浮気調査の費用を安くする方法

浮気調査に限りませんが探偵に依頼する調査というのは、時間も手間もかかるものですから、それ相応の出費は覚悟しなければなりませんが、それでも出来るだけ安く出来れば、それに越したことはありません。

 

原一探偵さん

そこでここでは浮気調査の費用を安くする方法について、お話していきたいと思います。

 

そのためにはまず、良心的な料金で尚且つきちんと調査を行ってくれる探偵社を見つける必要があります。

 

それは個人で直接探すよりはWEB上の大手の検索サイトで、自分の希望に合った探偵社を選ぶ方が効率的です。

 

大手のサイトならば厳しい審査をクリアした探偵社だけを登録しているはずですから、それだけでも安心です。

 

特にお勧めなのが「街角探偵」と「探偵見積もり.com」です。

 

これらのサービスを経由することによって、浮気調査を最初に複数の探偵社に依頼し競合してもらうことにより、競争原理が働いて、費用を安く抑えることが可能になります。

 

「街角探偵」の場合このサイトに登録する際に、調査費用は定価の20〜40%オフにするという取り決めをしているのですが、サイトに登録しておけば広告宣伝費が削減出来ますので、業者側にもメリットがあるということで快諾されています。

 

ちなみに2005年時点の相場を申し上げますと、調査員2名の場合1人あたり1時間1.5万円〜2万円前後が相場で、1日4時間の調査を5日間行った場合は、25万〜40万円だったそうですが、優良な探偵社ならば、契約で決めた以上の追加料金は決してとらないとのことです。

 

もし追加料金が発生する場合は、必ず事前に申告してくれるそうです。勝手に長時間を延長して、追加料金を請求してくるのは、悪質な業者と考えて間違いありません。

 

探偵で相談中

次に、調査費用を出来るだけ安くするために、自力で出来そうな項目を御紹介していきたいと思います。

 

と言っても、それは調査対象者の情報を出来る限り詳しく、探偵社のスタッフに伝えるという一点なのですが、これからお話するものは全部ということではないので、把握出来るものだけで構いません。

 

現物としては顔写真は絶対に必要です。

 

次に名前・年齢・性別・住所・身長・体重・よくする服装・電話番号・携帯電話の種類(スマホ・アイフォン・ガラケー等)・職場・通勤時に乗る最寄り駅と降りる駅・車があればメーカーと車種とナンバー・多い行動パターン・よく行く施設やお店・口癖等、スタッフがターゲットの特定に時間がかからないよう、関係する情報は極力多く伝えてください。

 

調査対象者が配偶者であれば、同居しているわけですから、特に難しいことではないはずです。

 

また調査対象者の移動手段も車以外も使う場合は、タクシー・バイク・自転車・徒歩・電車・バス等、通勤や退勤時の手段については、特に詳しく伝えておきましょう。

 

バイクを使用するのであれば、写真・メーカー・ナンバー・車種・種類・ルート・利用する駐車場まで把握してから、探偵社のスタッフに伝えましょう。退勤後に寄る場所と休日に寄る場所が違う場合には、念のため両方伝えておいてください。

 

そしてこれらは可能であればで良いのですが、浮気しそうな日の予想や使いそうなラブホテル、LINEやメールの血チェック・財布や各種の明細内容も抑えておければベストです。

 

▼ テレビでおなじみ原一探偵事務所 ▼

  • 24時間365日相談受付
  • 無料相談・無料見積り
  • 全国対応
  • 即日調査も対応
  • アフターフォロー万全

原一探偵事務所公式サイト