浮気調査の報告書ついて

浮気調査を依頼すると、結果として調査報告書や添付書類(データや写真など)が最終的に渡されます。

 

調査報告書やデータは浮気の証拠となります。

 

調査対象者の行動は、日時や場所などについて事細かに記され写真と一緒に手渡されます。

 

この報告書には以下のような内容が記されます。

 

探偵事務所名、所在地、電話番号、作成日、作成者(担当者)、対象者の氏名、対象者の住所、対象者の勤務先名称、対象者の勤務先所在地、浮気相手の氏名、浮気相手の住所、浮気相手の勤務先名称、浮気相手の勤務先所在地、調査日、調査時間、浮気調査の目的、添付データ等、調査結果、調査所見などです。

 

そして結果の項目として、調査対象者と浮気相手が密会、ホテルへ出入り、浮気相手の自宅へ出入り、調査対象者と浮気相手が外出、旅行などの密会や浮気の現場、その他浮気と考えられる調査対象者の行動や立ち寄った場所写真や画像が添付されます。

 

この部分が離婚裁判の資料となるので最も重要です。

 

特に相手との密会、浮気現場の有無が裁判を左右しますので、しっかりともれがないか確認してください。

 

日時、場所、本人、相手がしっかりと確認できることが必須です。これによって浮気が立証されますので受け取り時に確認しておきましょう。

 

▼ テレビでおなじみ原一探偵事務所 ▼

  • 24時間365日相談受付
  • 無料相談・無料見積り
  • 全国対応
  • 即日調査も対応
  • アフターフォロー万全

原一探偵事務所公式サイト

浮気調査の証拠ついて

浮気している男女

浮気の証拠は、慰謝料請求を行う場合以下が必須となります。

 

パートナーと浮気相手がラブホテルや浮気相手の自宅に出入りしている写真や動画や決定的な現場の写真や動画。

 

さらに、一度限りの浮気ではなく関係が継続していることが認めると証拠が強いです。

 

たとえば定期的、密会している写真や複数の場所での写真などになります。

 

複数回、同じ相手とホテルや自宅に出入りしているような写真が有効です。

 

あるいは合鍵なども証拠となります。

 

パートナーに浮気や不倫の疑惑があったり、行動が怪しい場合は、複数回の決定的な証拠を掴んだ上で、慰謝料請求を行うことをお勧めです。

 

離婚届

慰謝料の請求金額なども変わるので要注意です。

 

このように、証拠は今後の離婚裁判や慰謝料請求にとても重要なキーとなります。

 

この浮気立証力の強さによって、離婚裁判の行方や慰謝料請求の額もかわってきます。

 

場合によっては、親権や遺産相続、法的措置などいろいろな他の問題にまで及びます。

 

このようにこの証拠がいかに有効なものであるかによって離婚後の生活がかわってくるといっても過言ではありません。だからこそ有能な探偵会社選びが重要なんですよ!